読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曇り空の下

考えていることとか

小学校の校門について

私が中学生のころのことなんでもうかれこれ20年くらい前のことなんですが。

そのころって常時、家から歩いて3分の私立小学校の門は「開門」状態でした。

だからしょっちゅう夕方とか、トレーニングのためにうんてい台を借りて懸垂をしたり、グラウンドで走ったりしてました。

 

小学校のグラウンドって運動会の後が残っていて、一周すると何メートルと分かるので距離を測って走るのにちょうどよかったんですよね。

それが関西で起きた痛ましい事件のあと、常に小学校の門は締められるのがデフォルトになりました。

なにか類似の事件が起こった時の予防のためなんでしょう。

それは分かるのですが、そのためにまったく周囲の住民は利用できないスペースになってしまいました。

一度など、夕方にちょっとだけ懸垂をしに門を乗り越えてはいったところ、体育館で空手教室を開いているところに出くわしてしまい、そこの講師に「すぐに出ていってくれ」と追い出された経験があります。

事情は分かるのですが、なんとかそのあたり多少は融通を効かせてもらえないものでしょうか。

ということをここで書いた所でなんにもならないのですが。